スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
二分の一が過ぎて
2015 / 06 / 30 ( Tue )
早っ!一年の半分が過ぎ、残すところ180日強となりました。
今年の梅雨は、涼しい日もあるので、随分と身体は楽です。
やたら眠くって、ソファーに座ったらウトウトすることが多い。
まるで、おばあさんみたい。←(おばあさんの領域を楽しんでる!
元気でいられる毎日に感謝です。

”人生の楽しみは無尽蔵”

体が丈夫なうちは、自分がやっておきたいと思うことは、
どんどんやった方がいいと思います。
そうすれば、死ぬとき思い残すことが少ないかも知れません。
人生を楽しむためには、人間的な力量が要ります。
*人には柔軟性ある。
*これしか出来ないと決めつけない。
*完璧に出来なくてもいい。

『人生は一人でも面白い』からのチョイスででした。
明日からの二分の一も楽しみましょう〜♪

スポンサーサイト
17:50:02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
吃驚!喜ばしいこと
2015 / 06 / 29 ( Mon )
今日も、涼しいし、夕方になると肌寒い〜過ごしやすく、
洗濯物もカラッと乾いて全てに心地よいです〜

昨日、同級生と電話で話していて、喜ばしいことを聞きました。
よく知っている同級生が、昨年の秋、『黄綬褒章』を授与されたようです。

その時に、お祝いを兼ねて集まろうと案が出たようですが、何故か
実現しなかったようで、今回のクラス会では、そのお祝いが出来れば、
嬉しいことであります。名誉なことですね、生桑に住んでるまりちゃんです。
アンちゃんは、このこと知ってたかな〜?

18:15:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
色々と、、、、、。
2015 / 06 / 28 ( Sun )
梅雨時とは思えぬ、可成り涼しい日曜日となりました。
目覚めも良くて、5時から始まる「なでしこジャパン」W杯の試合を
観てました。もうダメかなと思う終盤42分後に岩渕が貴重なゴールを決め
4強進出を果たした。取りあえずご苦労ですね。

涼しい朝のうちに、10回目の「経ヶ峰」に、登りに行きました。
今日は、多少の汗は出ましたが、まるで、流れるってことなくスイスイと。
まるで操り人形のような感じで足運びも軽く、7時50分に登り始め
1時間5分で頂上に到着。涼しいと体力の消費が目に見えて違いが分ります。




10時過ぎには、市内に戻れました。家に帰る前に、小3の時の担任だった先生宅に
寄りました。このたび数年ぶりに、同級生からのライン繋がりが出来き、クラス会を
しようと話が持ち上がり、津にいるんだから、私が先生へ打診係りとなった次第です。

「いつでもいいよ」との、お返事を頂きました。
なので取り仕切ってくれる人にその旨を伝えました。
日程は、10月頃になるんじゃないかな?

先生は、80歳になられたそうです。息子さん家族との同居を
薦められてるそうだけど、元気だし一人暮らしを満喫しながら
好きな絵画を教えたりで、自由な生活を楽しんでるようでした。

帰りしなに、いつも行きつけの喫茶店が近くにありますが行かれますか?と
お誘いしたら「行く」と言うので、連れて行きました。朝ご飯もまだだったようで
モーニングを頼みました。数年ぶりにお会いするのですが話って、意外と
弾みましたよ♪

驚いたのは、今年の一月に『スリランカ』に絵を描く為に
旅行をされたそうです。私も『スリランカ』には行きたいと思っていたので、
凄いなぁ〜って思った。世界遺産の「シーギリアロック」を描きたくて
出かけたとのことです。いまは、成田から直行便が出ているらしく
乗り換え無しで行けるとのことでした。私は夢で終わりそうですけどね。

現在、市民文化祭実行委員会の会長をしている関係で、今から
市役所横のリージョンプラザに出かけることになっていると言います。
洋画展が水曜日からやっていて本日4時まであると言う。
「シーギリアロック」の絵を飾ってあるので観に来てと言われるので
観に出かけて行きました。ゆっくり観賞しようと思ったけど、
最終時間間際だったこともあり、人が多くて忙しく観賞って感じで
落ち着かなくて、先生の絵はしっかりと観て来ました。

後先になったけど、先生が家の裏の敷地に小さな畑を作っている。
今、キュウリが沢山なってるので上げると言います。私は捥ぎ立てだったら
頂きますと、贅沢な返事!先生も1人だから食べきれないのでしょうね。
冷蔵庫に沢山たまっているそうです。トマトも生っていたので色づいてるのを
3個捥ぎ頂戴しました。先生が、それ初物だと言ってたけどね(笑)。



そして、もう一つ「東海道五十三次」の宿場を描いた水彩画の本も頂きました。
そして、昨日頂いたという草餅まで頂いちゃいました!(笑)。




もう一つ、久しぶりに同級生と連絡を取り、数年ぶりに懐かしい声も聞けました。
凄く元気な明るい声だった栄子ちゃん、向こうも私の元気な声を聞けて
嬉しかったと電話の向こうで言ってくれて、嬉しくなりました♪
なんか、あっという間の一日が過ぎて行きました。



19:07:33 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
沖縄7
2015 / 06 / 26 ( Fri )
4日目の最終日は、「アウトレットモールあしびな」で、お買い物です。
色んなブランドのお店があって、見て回るのも楽しい時間。
待ち合わせ場所と時間を決め、各々がお買い物でした。
ここは、一日いても飽きない場所ですね。また来たいなぁ〜って
後ろ髪引かれる思いで、集合場所に戻ってきたら、時間前にスタンバイ!
私は、シャツ2枚とスカートを購入♪

3時過ぎの飛行機に間に合うよう、ソーキ蕎麦が一番美味しいと
言われるお店で昼食です。昼食時に差し掛かる時間帯でお客さんも大勢います。
我々は、ラッキーなことに駐車場もお店横に止めることも出来たし、待たずに席に
着けました。次から次とお客さんは増え、並んでいる状態でした。
まっ、開店の良いお店です。







空港では、沖縄でしか食べれないという、「A&Wのモッアーハンバーガー」を。
お昼食べてから時間が経ってなかったけど一個食べれました。
なので夕食抜きで済ませることが出来ました!(食いだめが出来る私)。


たくさんお世話になったゴーストさんと、さようならを済ませ、待合室に
向かいました。席が一杯でアンちゃんと離ればなれになりました。
スマホの写真を見ていたら、お隣に座っていた中年の奥さんが、
沖縄は楽しめましたか?と言われるので、はいと答えました。
先ほど行った、ソーキ蕎麦のお店の写真を見せたら、写真場所の住所を
見て、あら〜我が家はその近くですよと、言うじゃない!
NO1のお店らしいですよと言うと、知らないと言ったので吃驚した。

この奥さん、名古屋で仕事している息子さんのところに行くと申しておりました。
ソーキ蕎麦の具材は、空輸で先に送ってあるので向こうで作ってあげるのと
嬉しそうに話してましたよ。親ごころ、有りがたいですね〜
息子さんは、いかほど親のこと思うだろう(笑)。
人それぞれ、好みが違うのかもね。次回、沖縄に行くことがあったら
「やぎや」に行ってみたいなぁ〜って、また出かける気になってる私。

話が、脱線しましたが、飛行機は、約20分ほど遅れて飛び立ちました。
離陸したまでは覚えているけど、即爆睡したみたいで到着20分前まで
眠れたのでスッキリ爽やかでお目覚め〜。5時半にはセントレアに到着。
6時の高速艇が、満員との表示が出てたけど、まっ行くだけ行ってみて
乗れなかったら一時間後になるだけだから慌てることない!。

キャンセル待ち2番目です。運良くキャンセル待ちがあり乗れました。
45分で、津なぎさまち着〜家まで5分〜7時前には我が家に着きました。
沖縄も近くに感じるから不思議だね。全てにラッキーが重なった沖縄旅行と
なりました♪


みなさま、拙い旅行記に最後までお付き合い下さって、
心よりお礼を申し上げます(感謝!)、ありがとうございます。

12:30:34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
沖縄6
2015 / 06 / 25 ( Thu )
午後の部は、「糸満ハーレ」の、お祭り現場に行きました。
この時点で、気温も可成り上昇で湿度を帯びた蒸し暑さ中、
会場に!午前10時より競技が始まっており熱気ムンムン♪

毎年、旧暦の5月4日に行われるイトマンのハーレ祭りは、
海人(ウミンチュー)の生活と信仰に深い繋がりをもって、
古き時代(今から450年前とも、また580年前とも言われてる)
から歴史を重ねてきた行事のようです。

お祭り、やっぱ逸る気持ちがテンション上昇!
ハーレに使用する舟を「ハーレブニ」と呼びます。
乗り手は、鉦打ち1人、舵取り1人、漕ぎ手10人の計12人で
構成されています。乗る市は、舳先からともに掛けて鉦打ち、
一番エーク1人、二番、三番、四番、五番エークが2人、6番に1人、
そして舵取りがの順に座ります。特に一番エークと舵取りの役目は大きく、
この2人で勝敗が決まるとさえ言われているため、魚翅の中でもスタミナがあり、
カイさばきの上手い年季の入ったウミンチュが努めます。

参加チームは、『西村、中村、新島』で成り立ってます。
種目は、ウガンバーレ、青年団ハーレ、中学生ハーレ、クンヌカセハーレ、
アガイスーブの5種目です。
この中での、一番盛り上がるのは、中学生ハーレによる、「アヒル取競争」と
「クンヌカセー(転覆)」でしょうね。大変面白かったです♪


アヒル取り競争。捕獲者は持ち帰りテーブルの一品になるそうです。
大変盛り上がりのある競技でした。アヒル40羽、スイカ50個、真鯛(引き換えボール)50個。
若者が、一斉に飛び込む様が元気あり、可成り盛り上がり見ている方も楽しめました♪







言い遅れましたが、半ウチナンチューのゴーストさんの顔が利いて
お仲間の人が貴賓席を用意して下さってまして、ビールやお弁当も
振る舞われましたが、お昼ご飯を済ませて行ったのでお弁当は断りましたけどね。
ビールの美味しかったのは言うまでもないですが、途中トイレに立った帰りに
かき氷をゲット!一瞬でも体中の汗が引いて行くのが分ります。
それだけこの日は、暑いってことね。かなり日焼けしましたよ。
歴史ある珍しいお祭りを見る機会を得、とても楽しかったです(皆さんに感謝!)。



帰り道に空港近くの飛行機の離発着するのがよく見える場所に
行きました。真上を飛行機が飛ぶのですよ〜感激ですのよね〜♪
アンちゃんが、鳥と飛行機のコラボ写真を偶然にも撮影!これはラッキーだ


ホテルに帰り、シャワーを浴び少し休養し最後の晩餐にお出かけです〜♪
明日は、沖縄最後の日です〜続きます♪
08:57:56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
沖縄5
2015 / 06 / 24 ( Wed )
3日目は、「旧海軍指令部壕」、「ひめゆりの塔」、「平和祈念公園」を訪ねました。
この日の、午前の部です。

空も晴れ渡って、暑いです。ジリジリ照りつける太陽の日差しは、
肌を潤すと言えば、表現がいいが、ジワ〜っと汗が纏わりつきます。

ん?蝉の鳴く喧しい声、沖縄にも蝉はいるんだと、当たり前なんだけど、
そんな風に思えた。そんな中、「旧海軍指令部壕」に行きました。
後で調べたら、我々の見学してきたところは、一般公開されてるところだけです。
実際は、もっと広範囲にあるらしい。なぜか、写真に撮る気にはならなかった。


「ひめゆりの塔」、ここでは入り口で各々が『献花』を買いました。
慰霊碑の献花台にお供えし合掌!
『ひめゆり平和祈念資料館』に入り、元ひめゆり学徒隊の体験を通して、
後世に語り継がれ、平和の大切さを知ってもらうべき、今なお続けられている。
体験談が活字になっており、読めば胸が詰まります。
出口付近に語り部さんのような人が、熱心に話されてるのに遭遇で
聞かずとも聞えてくる話の内容に心は重く沈みました。

献花台の奥したの壕で集団自決したとのこと。
覗いてみましたが、可成り深い壕でした。




躓く程の死体が沢山あったということです。


危険な配食とは、外に出たらいつ爆撃されるかという戦場下にあったということです。


「平和祈念公園」、ここは海よりの高台にあって景色も良いです。
6月23日が、戦後70年目の節目の年でもあり、戦没者慰霊祭が
行われる準備をしていました。戦後生まれの私は、戦争の恐ろしさを
聞くことはあっても、肌で感じてないので良くわかりませんので、
悼むことしか出来ません。このような出来事が2度と行われないよう
平和を祈るばかりです。(合掌!)

平和記念堂





平和の礎




午後の部は、また明日に続きます〜もう暫くお付き合い下さい。
18:20:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
沖縄4
2015 / 06 / 23 ( Tue )
翌日は、無人島「ナガンヌ島」まで、高速艇に乗って30分弱で到着。
何と言ってもお天気が良くて、空も晴れ渡ってエメラルドグリーンの海が
綺麗で、清々しい気持ちにさせてくれる♪




受付をし、レストコテージ+デッキチアーを借りて腰を落ち着けました。
海に入る用意をし、インストラクターの指示に従って水際に移動です。
バナナボードに乗って、シュノーケリングのスポットに向かい、ここで船に
乗り換えです。順番に海に飛び込みシュノーケリングの始まりで〜す!♪。
珊瑚礁の連なる海中を浮き輪を掴んでゆっくりと泳ぎます
いるいる小さな魚達がぁ〜太陽の日差しが海の底まで届いて、
透き通る美しい海。これを見ているだけでも心が浮き立ち、シュノーケリングが
別の世界へと運んでくれますよ。味を占めたら嵌ります〜きっとねっ!
歳を言っちゃ〜いけませんが、この歳でも楽しめますよ!まだ暫くは楽しめそう〜

その後、海から上がって「ダイニングテラス」お昼を!
で乾杯!カラカラの喉に心地よく美味しかった♪
テラスでは、風が通って、気持ちが良かったです〜♪



コテージに戻って、デッキチアーに身体を横たえお昼寝も、のんびりとね。
静かで喧噪から離れてることもあり、ふと、ここから戻りたくない衝動にかられました。


コテージからの美しい眺め



一眠りした後、浅瀬の海に浸かりました。足元には、ナマコが一杯いました。
ゴーストさんアンちゃんは、それを掴んで遊んでました〜








その後、シャワーを浴び着替えて帰り支度です。3:00発の高速艇で那覇に戻りました。
我々の泊まっているホテルが、ほに近くなのです。再度、シャワーを浴び夕食の時間まで
休養してました。楽しいことばかりで疲れを感じないのよねぇ〜今夜はステーキが楽しみだな〜♪
以上が2日目でこざいました〜お食事の様子は、後日纏めて報告しますね。

帰りたくないなぁ〜って、帰りの高速艇で。


写真が一杯〜楽しい雰囲気伝わったかな?
君もあなたも、行きたくなった?
躊躇せずにレッツゴー!

3日目は、明日に続く、、、、、

17:25:40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
沖縄3
2015 / 06 / 22 ( Mon )
サンゴ畑のから車で10分ぐらい走ったところにある「残波岬」に行きました。
ここは、綺麗な夕日が見えるスポットのようです。断崖絶壁が2kmも続き、
両手を広げて海に向かうと、鳥が飛び立とうとする様相に似て絵になるけど、
怖くて出来なかったわ〜。

残波岬灯台。


私は、その絶壁の際に立たされそうになりましたが、高所恐怖症も手伝い、
とてもじゃないけど、そんな仕草は出来ない。岩にしがみついて座り込んだ(怖っ!)


その後、「古字利島」まで長距離ドライブ〜♪
「屋我地島」と「古字利島」とを結ぶ、古字利大橋からの景色も素晴らしいです。
私は、ここに来るのは2回目なのですけど、海が綺麗で癒される感じだ。
一直線に伸びる古字利大橋の両サイドに広がる海を、「古字利島」から
眺めるのも味わい深いですよ。こういう風に思えるのも晴天のお陰です。


本日の最後の景勝地「万座毛」で、夕陽を見ることでした。
到着寸前まで、水平線上は雲もなくて晴れ渡ってましたが、
沈む寸前に靄が掛かったようで少しぼやけた感じの夕陽でした。
黄昏時の夕陽は、情緒があり良かったと思います。


黄昏時のホッとした一時。


明日へ続く、、、、、
13:08:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
沖縄2
2015 / 06 / 21 ( Sun )
初日の続きです。

読谷村高志保にある、陸上の珊瑚礁、「さんご畑」に行きました。
ここでのお勉強でわかったことは、生き物であるということですが、
実際、動く生き物としての実感は、中々捉えにくいなぁ〜と思いました。

サンゴ=宝石のイメージが強かったですが、綺麗な海水で時間をかけて
生息する生き物なのです。海を守ろうということが分ります。
世界中の海で一番綺麗なのが沖縄の海なのだから。

今の時期、産卵期を迎えているようでしたが、産卵も一斉に行われ、
時間にして約30分ぐらいの間とのこと。それも日が落ちかけてる時の
ようで、何時というのが分らないけど、満月後に行われるようです。
神秘的な瞬間を見てみたいと思いましたがこれを実現するには、
泊まり込みで見張ってないと無理。実態が分っただけ良かったです。

サンゴ畑の入り口です。


大きな「サンゴの養殖槽」。涼しげな感じですが、
屋根もない照りつける中、汗だくで


屋根のあるサロンでの「かき氷」が、頭の芯まで届くのには
暫し時間を要したわね。超美味しかったことは画像がぁ〜
(極楽!極楽!極楽!)←三人の声、聞えますか?


まだまだ続きます〜明日ね〜♪
17:28:19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
沖縄1
2015 / 06 / 20 ( Sat )
今夕、3泊4日の沖縄旅行から戻って来ました。
梅雨明けの沖縄は、真っ青な空に白い雲が絵になるところです。
連日、30度を超える暑さでしたが、夏は暑いのが当たり前!
とても充実した内容の濃い旅行になって感謝の至りです。

今回は、ツアーじゃなくて長いおつきあいになるゴーストさんが
アンブラの為に内容の濃いスケジュールで案内してくれました。
さて、何から報告をしたらよいのか頭の中の整理が付きません。

沖縄到着後、那覇市国場にある沖縄側のお店「すまーぬめぇ」に
行きました。美味しい”ソーキそば&フーチ”を頂きました。
美味しかったのは言うまでもないです。


お腹も満たされまして、これからお勉強と称してサンゴ畑に出かけます。

21:27:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
キレイなトイレ
2015 / 06 / 15 ( Mon )
今日は、梅雨の谷間で洗濯物がよく乾いて気持ちが良い♪

先日の大峰登山のさい、大峰大橋の駐車場に、トイレが新しく建てられてました。
下山後、使わせて頂きました。木の香りが充満し近代的なトイレでの使用感は、
気持ちよくて最高でした。人の気配もなくてチョットした憩いの場所でしたよ♪

コンビニのトイレもよく利用させてもらいます。
沢山の人が出入りするコンビニのトイレ、綺麗に清掃されてるお店は、
再度、利用しようと言う気になりますが、2度と入りたくないお店もあります。
不浄な場所は、常に綺麗にしてるとお客さんの入りも違うと言われる所以は、
こんなところにあるのですね。利用される側の心がけも大切ですが、もちろん
利用する側のマナーも大切だと思います。トイレの使用後も綺麗にしましょう。

新しく立て替えられてた木の香りが漂ってる公衆トイレ。
20:14:46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
金峯山修験本宗別格本山「桜本坊」
2015 / 06 / 12 ( Fri )
翌日は、吉野に向かいます。金峯山寺でお参りし、最後の仕上げ「桜本坊」で、
護摩お焚き上げをして頂きます。山伏姿の脇役さん達のホラ貝、太鼓、般若心経を
唱える中、行われます。本堂内では、煙が充満し目が沁み泪が出る。換気口が
あればなぁ〜って、思ったのは、私だけだったら修行が足りないってことかも。。

何年も通ってるのに、「櫻本坊」のことは、詳しく知りませんでしたので、
ネットで調べました。

”櫻本坊(さくらもとぼう)は、壬申の乱で天武天皇となった大海人皇子によって建立されたと伝説する寺院です。

天智天皇十年(671)、吉野離宮にあった大海人皇子は、吉野の山に美しい桜が咲き誇る夢を見ます。この夢がいかなる意味か判じかねた皇子は、役行者の高弟日雄角乗(ひゆうかくじょう)に夢判断をさせます。すると、角乗は「桜は日本の花の王であり、これは皇子が天皇になるという吉夢」との判断をします。はたして角乗の言うとおり、皇子は大友皇子に激闘の末勝利し、天武天皇となります。帝位について後、ふたたび吉野に来て夢に見た桜を発見した天皇は、ここに一寺を建立して「櫻本坊」と名付け、角乗に下賜したのが、その初めであったと伝えられているのです。”とのことでした。

毎年、真似事だけしか出来てませんが、凡人ですから。
でもね、何かの益は知らずのうちに備わってると思います。
何がと問われても、返答は出来ませんのよね(笑)。

今週も、お付き合い下さって、ありがとうございます。

「桜本坊」のお庭の花です。萩にしては時期が早すぎるし、何と言う花でしょうね。
17:31:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
洞川温泉
2015 / 06 / 11 ( Thu )
予定通りの行程を終えたのが5時半頃だったかな。
旅館にもお風呂はあるのですが、女性は、2人だけなので
村営の温泉センターまでいつもは、歩いて行くのですが、
番頭さんの痒いところに手が届くほどのサービスで、往復を
車で運んでもらいました。こんなことも初めてで楽チン!(感謝!)

いつもの晩ご飯、品数が多かったのか?ご飯のお替わりしました。
ご飯が、美味しいのよ〜やはり、美味しい水で炊くからでしょうね。

食後、一休みしてから、例の陀羅尼助のお店へ、レッラゴー♪
快く迎えて頂き、ご霊前に線香を上げお参りさせて頂きました。
ゴーストさんが代表でお線香を、立てて、いや寝かせて、、、、、。
今は、安全面から寝かせる方が良いようです。線香で火事になる
場合もあるとのことでした。これを機会に我が家も寝かせることに。

ここでの楽しみは、振る舞ってくれる葛湯を頂くことです。
金平糖を食しながらの一時は、どなたも癒されると思います。
私と講元は、葛湯のお替わりしました。葛湯で思い出すのは
子供の頃、熱を出すと食べさせてもらえたものです。
体が温まるからでしょうね。なので懐かしい味なのです(笑)。
10時過ぎには、爆睡に突入〜寒かったけどグッスリ魂!(瀑)。。

陀羅尼助の店先に飾られてあった紫陽花「ダンスパーティー」です。
16:34:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
面不動鍾乳洞
2015 / 06 / 10 ( Wed )
洞川温泉峡を囲んでる山の一角にあります。
足を運び続けて16年目ですが、まだ一度も行ったことがない。
目と鼻の先に見えてるところなんですけどね。思い立って、
今回は、「レンゲ辻」を往復し、洞川温泉峡まで徒歩で戻り、
行ってきました。

たまたま通りかかった升源旅館の番頭さんが、我々を見つけ、
「どこに行くの?」と尋ねられ、「面不動鍾乳洞」まで行くとことを
話したら、トロッコ乗り場まで送ってくれました。急坂を歩いて15分と
書いてありましたが、足も疲れてるし楽な乗り物トロッコ(往復500円)
で運んでもらいました。

奈良県の天然記念物に指定されてます。
何万年もの歳月をかけ作られた鍾乳洞は、不思議の世界です。
とてつもない時間の流れがこのような造形を造るのですね。
年間通じて8度とのことで夏は特に涼しく感じられるでしょう。
念願が叶って「面不動鍾乳洞」まで出かけられて良かったです。

可成りな急坂を上る「トロッコ」です。


面不動鍾乳洞です。









面不動鍾乳洞、入り口より眼下に見る「洞川温泉峡」です。
真ん中奥、右辺りが「山上ヶ岳(修行場があるところ)」です。



19:18:15 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
レンゲ辻
2015 / 06 / 08 ( Mon )
今年の、女人結界門「レンゲ辻」までの道のり。
前日の雨で、苔むした岩の上を歩くのだけど、
油断すると滑るのです。滑ったら怪我をするから
注意深く歩きます。ここ数年、山中も可成り崩れて
古木など、倒れたままの状態が目立ちます。



自然と土に帰るのでしょうけど、数十年は掛かるでしょう。
思ったより水嵩も増えておらず、何とか足元に気を配りながら
歩きます。歩き始めて1時間ぐらいして、毎回、休憩場所と
決めてるところまできましたが、岩も濡れてるので立ったままで
休憩です。いつもなら大量の汗を掻いて水で顔を洗うのですが、
今回は、例年のような汗も掻かず、喉の乾きも少なかったです。



ガスってる新緑は、神秘的で美しいです。何度も立ち止まって
二度とないと思われる光景に目を奪われました。
大峰登山のご褒美かな?心清らかになる瞬間でもあり、
有りがたいことです。



足元に気を配りながらの「れんげ辻」、今までは1時間半で
着けたのですが、2時間掛かりました。
ここでの休憩も長居は出来ませんでした。下から吹き上げる風の
冷たさに体が冷えてきたので、時間にして10分ぐらいいたかな、
直に引き返し下山です。下山も注意深く歩きました。無事登山口に
辿り着いた時は、ホッとしましたね。



帰り道に、名水百選に選ばれてる「ごろごろ水」に立ち寄りペットボトルに
汲んで飲みました。ミネラルが多く含まれてるので、口当たりもよく
まろやかな味の名水です。この水を遠方より汲みにくる人も大勢います。

続く、、、、、
16:49:09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
66回目の”大阪信照講大峰登山”
2015 / 06 / 07 ( Sun )
6月の第一土、日曜日は、恒例の「大阪信照講の大峰登山」です。
前日の雨も朝方には止み、お天気も徐々に回復しつつある中、
集合なる場所に近鉄特急電車に乗り継いで奈良の下市口駅に
向かいました。事前に電車の乗り継ぎ予定時刻を綿密にチェック!

にも関わらず、特急電車が若干の遅れが生じ、ホームに走ったのですが、
既に列車は発車してしまい乗り遅れ、橿原神宮前から乗るはずだった
特急には乗れず、急行で後を追い、約20分ぐらい遅れて下市口駅に到着。
信照講の皆様には、ご迷惑をかけるはめになり申し訳なかったです。

洞川温泉まで約1時間をバスに揺られいい気持ちで向かいました。
竜泉寺で、お参りしてからこの日の宿舎「升源旅館」に荷物を降ろし、
早めの、お昼ご飯を食べました。11時前に男性陣を、「女人結界門」まで
お送りし、女性2人組は、今回、「レンゲ辻」までの往復&「面不動鍾乳洞」に
行く予定をしていたので、予定通り歩を進めクリアしてきました。

続く、、、、、
今回は、講元さんの5歳になるお孫さんも初参加。
親子三代の参加22名の参加でした。そして写真には
映ってませんが、この時点で2人は、皆に遅れると言う
理由で先に出発でした。

出発前の皆さんの笑顔が素敵です〜写真は正直ね(笑)。


「レンゲ辻」に向かう途中に、いつも目にしない白い花が
可成り広く咲いていました。何という花なのでしょう?
18:04:45 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
8回目の経ヶ峰
2015 / 06 / 04 ( Thu )
一昨日の雨で、蒸し暑かった空気を追いやってくれたのか、
気持ちのよい一日になりました。今朝は、上着がほしいと
思えるぐらいに肌寒かったです。

日中は、真っ青な空が広がり心地よい風が吹き続けてました。
午後の昼下がり、経ヶ峰が呼んでるような気がし出かけました。
こんな日は、気持ちが弾み足取りも軽いので〜す♪
今日も、最高!午後の一時、楽しい気分で良い運動になった(笑)。

頂上が見えてきました。風が強い(風速8m)。


頂上(819,7m)。


展望台。


お馴染みの時計&温度計。


本日の眺望も最高!明後日、出かける大峰山系まで見える。


杉木立の木漏れ日、癒されます!。



21:43:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
梅雨入り間近!?
2015 / 06 / 03 ( Wed )
アチコチのお庭や街路で目につくようになった紫陽花が綺麗です。
我が家の紫陽花は、まだ咲きそうにありません。

昨日、切り花ですが、紅白の紫陽花を頂きました。
濃い緑の葉に白と赤の二色ですが、うっとりするほど綺麗です。
色が変わるとしたら何色に変わるのでしょうね。
どんな色に変色して行くのかこれも楽しみです。

17:33:43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
感覚!!!。
2015 / 06 / 02 ( Tue )
”『103歳になってわかったこと』人生は一人でも面白い”
の本が20万部売れてとの評判を小耳に挟んだので
買って読みました。所々に、共感するところもあり面白いです。
その中の抜粋ですが、日記ネタに載せてみますね。

察知する能力って、どのようにして養われるのでしょう。
今の人は、自分の感覚よりも、知識を頼りにしている。
知識は、信じやすいし、人と共有しやすい。誰しも、学ぶことで、
知識を蓄えることができます。

たとえば、美術館で絵画を鑑賞するときも、こういう時代背景で、
こういうことが描かれていると、解説を頭に入れます。しかし、
それは観賞ではなく、頭の学習です。
観賞を心から楽しむ為には、感覚も必要です。
感覚を磨いている人は非常に少ないように思います。
感覚は自分で磨かないと得られません。絵画を鑑賞する時は、
解説を忘れて、絵画が発しているオーラそのものを、
自分の感覚の一切で包み込み、受け止めるようにします。

感覚を磨いている人は、日常生活においても、有利に働きます。
まず、間違いが少なくなります。
昔の人間にも動物的な間が備わっていましたが、文明の発達で、
勘を使わなくなくても生きて行けるようになったので、鈍ってしまったと
言われています。虫が知らせる、虫が好かない、という表現がありますが、
虫というのは感覚。世の中の風潮は、頭で学習することが主体で、
自分の感覚を磨く、ということは、なおざりにされています。
たいへんに惜しいことです。

知識に加えて、感覚も磨けばものごとのの新価に近づく。
虫が知らせる、虫が好かない、を大切にする。

頂き物の紫陽花です


17:33:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。